2020-03-07
カテゴリトップ>電機部品>シーケンサ (plc)>MELSEC-Fシリーズ
三菱電機 FX3U-4LC MELSEC-Fシリーズ 温度調節ブロック 測温抵抗体 熱電対 低電圧入力 NN[適合する規格] CE(EMC),UL/cUL,KC
[性能仕様]
 温度センサ・温調
 ・入力点数 4点
 ・入力の種類 [熱電対]
 K,J,R,S,E,T,B,N (JIS C 1602-1995),PLII,W5Re/W26Re,U,L
[測温抵抗体]
 3線式 Pt100 JIS C 1604-1997(新JIS)
 3線式 JPt100 JIS C 1604-1981(旧JIS)
 2線式/3線式 Pt1000 JIS C 1604-1997
[低電圧入力]
 DC0〜10mV,DC0〜100mV
 チャンネルごとに選択することができます。
 ・測定精度 周囲温度25℃±5℃:K型熱電対 入力範囲500℃以上のばあい、フルスケールに対し±0.3%(±1digit)
 周囲温度0〜55℃:K型熱電対 入力範囲500℃以上のばあい、フルスケールに対し±0.7%(±1digit)
 測定精度は入力の種類、入力範囲により仕様が異なります。
 ・冷接点温度補償誤差 ±1℃以内(周囲温度0〜55℃)
 ただし、入力値が-150〜-100℃では±2.0℃以内
 -200〜-150℃では±3.0℃以内
 ・分解能 0.1℃(0.1°F),1℃(1°F),0.5μV、または5.0μV
 使用するセンサの入力範囲により異なります。
 ・サンプリング周期 250ms/4ch
 ・外部抵抗の影響 約0.125μV/Ω(熱電対入力時)
 ・入力導線抵抗の影響 [3線式]
 フルスケールに対し約0.03%/Ω、1線あたり10Ω以下(測温抵抗体入力時)
[2線式]
 フルスケールに対し約0.04%/Ω、1線あたり7.5Ω以下(測温抵抗体入力時)
 ・入力インピーダンス 1MΩ以上
 ・センサ電流 約0.25mA(測温抵抗体入力時)
 ・入力断線時/短絡時の動作 アップスケール/ダウンスケール(測温抵抗体入力時)
 ・電流検出器(CT)入力(入力点数) 4点
 ・電流検出器(CT)入力(電流検出器) CTL-12-S36-8,CTL-12-S56-10,CTL-6-P-H
(株式会社ユー・アール・ディー社製)
 ・電流検出器(CT)入力(ヒータ電流測定値) CTL-12-S36-8使用時:0.0〜100.0A
CTL-12-S56-10使用時:0.0〜100.0A
CTL-6-P-H使用時:0.0〜30.0A
 ・電流検出器(CT)入力(測定精度) 入力値の±5%、または±2Aのどちらか大きい方の値
(電流検出器の精度は除く)
 ・電流検出器(CT)入力(サンプル周期) 0.5秒
 ・制御方式 二位置制御,標準PID制御,加熱冷却PID制御,カスケード制御
 ・制御演算周期 250ms/4ch
 ・測定温度範囲
  [K] -200〜1300℃/-100〜2400°F
  [J] -200〜1200℃/-100〜2100°F
  [T] -200〜400℃/-300〜700°F
  [S] 0〜1700℃/0〜3200°F
  [R] 0〜1700℃/0〜3200°F
  [E] -200〜1000℃/0〜1800°F
  [B] 0〜1800℃/0〜3000°F
  [N] 0〜1300℃/0〜2300°F
  [PLII] 0〜1200℃/0〜2300°F
  [W5Re/W26Re] 0〜2300℃/0〜3000°F
  [U] -200〜600℃/-300〜700°F
  [L] 0〜900℃/0〜1600°F
[低電圧入力] DC0〜10mV,DC0〜100mV
[Pt100(3線式)] -200〜600℃/-300〜1100°F
[JPt100(3線式)] -200〜500℃/-300〜900°F
[Pt1000(2線式/3線式)]
 -200.0〜650.0℃/-328〜1184°F
 ・ヒータ断線検知 バッファメモリにて警報を検出(0.0〜100.0Aの範囲で可変)
 ・運転モード 0:不使用
 1:モニタ
 2:モニタ+警報
 3:モニタ+警報+制御 (バッファメモリにより選択)
 ・自己診断機能 調整データ/入力値チェック,ウォッチドッグタイマによる
 ・メモリ EEPROMを内蔵(書換え回数:10万回)
 ・絶縁方式 ・アナログ入力部とシーケンサ間はフォトカプラにより絶縁
 ・アナログ入力部と電源間はDC/DCコンバータにより絶縁
 ・各ch(チャンネル)間は絶縁
 入出力占有点数 8点(入力,出力どちらでカウントしてもよい)
 適用シーケンサ FX3U(V2.20以上),FX3UC(V2.20以上)
 <コネクタタイプシーケンサへの接続について>
 FX3UCへの接続は、FX2NC-CNV-IFまたはFX3UC-1PS-5Vが必要です。
 質量 0.4kg
[出力仕様]
 出力点数 4点
 出力方式 NPNオープンコレクタトランジスタ出力
 定格負荷電圧 DC5〜24V
 最大負荷電圧 DC30V以下
 最大負荷電流 100mA
 OFF時漏れ電流 0.1mA以下
 ON時最大電圧降下 1.5V(100mA通電時)
 制御出力周期 0.5〜100.0秒
[一般仕様]
 周囲温度 0〜55℃・・・・・動作時 -25〜75℃・・・・・保存時
 相対湿度 5〜95%RH(結露しないこと)・・・・・・動作時
 耐振動
 ・DINレール取付時 <周波数:10〜57Hz>片振幅:0.035mm X,Y,Z各方向10回(合計各80分)
 ・DINレール取付時 <周波数:57〜150Hz>加速度:4.9m/s^2  X,Y,Z各方向10回(合計各80分)
 ・直接取付時 <周波数:10〜57Hz>片振幅:0.075mm X,Y,Z各方向10回(合計各80分)
 ・直接取付時 <周波数:57〜150Hz>加速度:9.8m/s^2  X,Y,Z各方向10回(合計各80分)
 耐衝撃 147m/s^2 、作用時間11ms、正弦半波パルスにてX,Y,Z各方向3回
 耐ノイズ ノイズ電圧1,000Vp-p,ノイズ幅1μs,立上り1ns,周期30〜100Hz のノイズシミュレータによる
 耐電圧 各端子一括とアース端子間:AC500V 1分間
 絶縁抵抗 各端子一括とアース端子間:DC500Vメガーにて5MΩ以上
 接地 D種接地(接地抵抗:100Ω以下)<強電系との共通接地は不可>
 接地は、専用接地または共用接地してください。
 使用雰囲気 腐食性,可燃性ガスがなく、導電性のじんあい(ほこり)がひどくないこと
 使用高度 2000m以下
 大気圧以上に加圧した環境下では使用できません。故障する可能性があります。
[電源仕様]
 電源 [インタフェース部駆動電源]
 DC24V +20% -15% 50mA
 端子台にDC24V電源を接続し供給してください。
[CPU部駆動電源]
 DC5V 160mA
 基本ユニットのDC5V電源から内部給電します。

【取寄】コストパフォーマンスに優れたコンパクトモデル
価格
47,040円 (税込50,803 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
お取り寄せ商品となります
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

松根屋からのお知らせ